麺の坊 砦 めんのぼう とりで

麺の坊 砦 めんのぼう とりでの画像01

20時間も煮込んで作られたクリーミーな豚骨スープに、こだわりの自家製麺をあわせた豚骨ラーメン。家族で楽しめるお店、というコンセプトどおり優しい味わいのラーメンを、木材・和紙が使われた和の雰囲気でまとめられた店内でゆっくりできます。ラーメン以外にもめんたいマヨおにぎり、餃子といったメニューも人気です。

店舗詳細
住所 東京都渋谷区神泉町20-23
最寄駅 神泉駅より徒歩3分
電話番号 03-3780-4450
定休日 年末年始
営業時間 11:00~翌3:00

女性も入りやすい裏渋谷ラーメン

麺の坊 砦 めんのぼう とりでの画像02

渋谷に所用があったので、ネットの口コミ評価が高く一度行ってみたかった豚骨ラーメン「砦」さんに初入店!渋谷駅から歩くと地図を片手に歩くこと15分弱。神泉駅からは5分ぐらい、かわいいお店が多い静かな裏渋谷、といった雰囲気のエリア。ラーメンは初めてですからスタンダードな「砦らぁめん」(790園)。麺の太さ(細麺:1ミリ、太麺:2ミリ)、面の固さ(7段階)を伝え、着席。「女性1人でも入りやすいラーメン屋」をコンセプトとしていますが、和風の店内はきれいで確かに入りやすいです。半分以上が女性だったかも。さすが渋谷。5分程度でラーメンはやってきました。トッピングはきくらげ、ネギ、もやし、トロトロのチャーシュー。スープは少し獣臭を感じますが、口当たりは柔らかく、すっきり目。麺は細麺・バリカタを頼みましたが、ストレートでツルッと食べられる麺ですね。ベーシックで飽きがこない豚骨ラーメンでした。ごちそうさま♪

渋谷・神泉の正統派豚骨ラーメン

麺の坊 砦 めんのぼう とりでの画像03

渋谷・神泉エリアで評判のいい豚骨ラーメンを食べさせてくれるのがこちら。飲み会後にふと食べたくなったので、渋谷駅から10分以上もかけて歩いて入店。夜3時まで営業とあって、終電後でもそこそこ客はいる。まずは一口餃子とビール。皮はもっちり系だが、軽く食べられるのでツマミにちょうどいい。ラーメンのほうはオーソドックスな「砦らぁめん」をチョイス。店主さんは一風堂で修行したというだけあって、福岡風の正統派な豚骨ラーメンだ。このお店では麺の堅さだけではなく細・太も選べる。このラーメン屋は自家製麺というので、より麺の味がわかりそうな太麺を頼んでみた。といっても2ミリなので、普通に細いほうだだろう。ストレート麺は豚骨ラーメンらしくストレート、低加水麺。綺麗に白濁した、上品で口当たりがマイルドな豚骨スープとよく絡んでうまい。卓上の高菜、ニンニク、紅しょうがなども使って、最後までおいしくいただいた。

チャーシューと豚骨の相性が◎

仕事帰り、「ちっと飲んでいこう」と、上司に誘われるままに入店したのが、渋谷のこちら「浜焼酒場 トロハチ 渋谷店」。渋谷センター街の真ん中にある居酒屋です。店内に入り小さな個室へ。まずは生ビール、そしてお刺身の3点盛神泉駅周辺で遅めのランチを探しているときに入りました。渋谷・神泉にはたくさんのラーメン屋さんがあって、よく行くお店 もありますが、「砦」は今回が初めてでした。神泉駅からは3分ほど。ただ神泉から東大のほうへ降りて行くので渋谷駅からだと10~15分ぐらいでしょうか。卓上のメニューを眺め、今回は肉もやしらぁめんを。15時すぎでしたから店内は空いており、3~4分ほどでラーメンが出てきました。白濁の豚骨ラーメンに細切りにされたチャーシューともやしたっぷり。スープはニンニクが少し効いていますが、あっさり目。お肉がスープの旨味を増幅させてくれますね。ワシワシとお肉とスープと麺をいただき、替え玉(150円)。お肉は食べてしまったのでテーブル上の高菜を投入、味を変え楽しませてもらいました。1,000円を越えてしまいましたが、渋谷・神泉で替え玉まで頼んだのだからしょうがないですね。おいしい豚骨ラーメンでした。

アクセス